〒105-8321 東京都港区芝浦 1丁目16番10号
03-6453-7300
03-6453-7311

愛育病院

文字サイズ

-

+

愛育病院のご案内

病院概要

愛育病院創立の経緯

 母子愛育会は、昭和8年12月23日の現天皇陛下御誕生を機に昭和天皇から伝達された御沙汰書をもとに、昭和9年3月13日、創立されました。

 創立当時の我が国は、経済不況に加え社会情勢が悪化し、厚生省(現:厚生労働省)や保健所も設置されていない状況下で、子どもや母親の保健はほとんど顧みられない状態にありました。 愛育会は、設立の使命を果たすため、社会の実情に即した科学的な研究を行い、その成果を実際に応用するために各界の権威者を委嘱して、昭和9年5月愛育調査会を設置しました。
 愛育調査会の事業を発展させ、児童及び母性の養護、教育に関する総合的研究を行うため、昭和13年11月「愛育研究所」を開設、翌12月臨床部門として「愛育医院」(小児科部門)を開院しました。
開設当初は小児科部門のみでしたが、昭和15年12月に産科部門を設置し、開設の目的であった 「小児及び妊産婦の疾病の診療並びに助産及び乳幼児の保育」業務を開始しました。
昭和24年医療法の規定により「愛育病院」と改称しました。以来、今日にいたるまで、母子の専門病院として各科が密接に連携を取り、母と子にやさしい継続的医療を実施しています。

愛育病院の歩み

  • - 1934
    昭和9年

    昭和天皇が今上天皇の御出産を記念して恩賜財団愛育会を創立

  • - 1938
    昭和13年

    恩賜財団愛育会附属「愛育医院」(小児科)開設

    新愛育病院

  • - 1940
    昭和15年

    産科開設

  • - 1949
    昭和24年

    「愛育病院」に改称

  • - 1958
    昭和33年

    保健指導部新設

  • - 1964
    昭和39年

    日本総合愛育研究所発足

  • - 1980
    昭和55年

    総合母子保健センター事業開始

    新愛育病院

  • - 1983
    昭和58年

    母性人間ドック開設

  • - 1996
    平成8年

    皮膚科(小児専門)外来開設
    小児科病棟改修・新生児集中治療室・後方病床新設、周産期母子医療センターとして業務開始

  • - 1997
    平成9年

    心理福祉室開設
    東京都の「地域周産期母子医療センター」に認定される

  • - 1999
    平成11年

    産婦人科病棟改築・MFICU整備・LD室を新設
    内科・麻酔科設置・東京都の「総合周産期母子医療センター」に指定される

  • - 2003
    平成15年

    小児外科開設

  • - 2004
    平成16年

    妊婦健康相談室(助産外来)開設

  • - 2013
    平成25年

    小児精神保健科開設

  • - 2015
    平成27年

    芝浦 愛育病院開設

    新愛育病院

病院概要

所在地 港区芝浦1丁目16番地10号
病床数 160床(NICU:12床、GCU:24床、MFICU:9床、PICU:12床含)
診療科目 産婦人科、小児科、小児外科、新生児科、女性内科/内科、女性外科、麻酔科、放射線科、小児精神保健科
施設設備 MRI、CT、超音波診断装置、手術室3室、LDR9室、救急処置室、女性ドック、売店、レストラン
敷地面積 4,500.45㎡
建築面積 2,933.13㎡
延床面積 17,586.05㎡
建物規模 地上10階、塔屋
建物高さ 50.8m
構造 鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造、免震構造